View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018.11.22 ★ わたしのひとりごとです。 去年の11月23日に初めて生肉を食べました。 5種類の生肉が入ったお試しセットを買い フードと混ぜて食べました。 なかなか生肉だけで食べれなくて フードと混ぜて、徐々にフードを減らして 生肉オンリーにできたのは3ヶ月くらいかかったかな? (フリーズドライは今でも活用してるけど) 最初、毛並みが艶々になったのにはビックリしたなぁ。 1月に #猫の自然食 の事前相談でyuki先生とお話しました。 この頃には、独学や見よう見まねでやっていての栄養面での不安や迷いがあり、 塩は?カルシウムは?量は?などなど。 先生とお話して不安がすーっと消えて 基礎コースとマスターコースを受講することにしました。 マンツーマンで指導していただけるので うちの3匹それぞれの病気や体調に合ったゴハンのこと、実は猫に危険なものなど 毎回 目からウロコがボロボロ落ちるのです。 間違ったネット情報。テレビではスポンサーとかの関係で本当のこと言わないよね。 獣医さんも商売だから動物の身体に悪いことでもやっちゃうよね。 なんか本当のこと全然知らずに、良かれと思ってやってたことや、あんな危険なオヤツをご褒美にあげてたんだなーって怖くなりました。 自然食を習って1年頑張って続けたから (ってか頑張ったというか普通に生肉あげてただけやけど) みんな元気になりました。 珍くんは生き生きしてるし ラーラは心臓病が見つかり生死を彷徨いましたが、みるみる回復して いちばん効果があったなーと実感してるのは福ちゃん。 この子は本当に何度も生死彷徨ってます。 2016.7.22に急性腎不全で数値が測定不能なくらい危険な状態になり毎日点滴に通い、静脈点滴で手足の血管全部ダメになるくらい頑張って命が助かりました。 数値は下がりきらずだったので慢性腎不全と尿管結石で片方の腎臓は機能していないということでした。 それから福ちゃんの病魔との闘いが続きます。 2016.12.6膀胱炎 2017.1.3また急性腎不全BUN105.5 CRE5.3 2017.1.10 BUN92.8 CRE6.2 2017.2.6フード食べず強制給餌 2017.2.16貧血ヘマトクリット19.1% 2017.8.12強制給餌 もう病院の常連さん。 獣医さんには療法食でなくて良いから もう福ちゃんの好きなものを食べさせてあげてくださいと言われてました。 調子悪そうになったり、フード食べなくなると点滴の量や回数を増やして調節し、 シリンジでフードを流し込んでました。 そんな時に、自然食をやっている友達から たくさんアドバイスをいただき、生卵をあげてみたりしました。 それから生肉をチャレンジすることになるのです。 福ちゃん去年の8月以降、食欲がなくなるということが全くありません。 今年3月に血液検査した数値はBUN57.7 CRE2.6 これで安定。生肉食べてると数値高くなるので 実際はもっと低いというか、数値関係なし。 見たら元気なのわかる。 体重もずっと2kg台だった。2.5〜2.8くらい。 今は3kg超えてる。 しつこかった顎ニキビも出ない。 セミントラもやめた。あれ腎臓の血圧下げるだけ。生肉食べてたら必要ない。 こんなに体調が良いのが続いてるのは 完璧 自然食のおかげでしょう。 1つ後悔してることは、もっともっと早く自然食に出会えてたなら。 病気になる前に始めてたなら。 それでも福が亡くなってしまう前に出会えて良かった。 毎日美味しい美味しいと食べてくれる猫たちを見て 自然食、先生、導いてくれた友達、自然食仲間に感謝いっぱいの気持ちです。 ★ #猫#ねこ#ネコ#cat#cats#ねこ部#猫部#ふわもこ部#instagramjapan#catsagram#catsstagram#ilovecats#catsofinstagram#instacat_meows#instacat#catstagram_japan##猫と暮らす#猫との暮らし#ねこのいる生活#猫のいる暮らし#にゃんすたぐらむ#猫のいる生活 #福店長闘病記録#猫腎不全#腎不全猫#皮下点滴

ネコ帽FACTORYのカァさんさん(@f.c.r.base)がシェアした投稿 –

くるるさん(受講時5歳)とチムニーさん(受講時6歳)の2猫ちゃんとめぐみさま(群馬県)

 

 

 

 

 

 

 

 

1.受講のきっかけ

今年の春突然くるるが下痢になり始め、病院に行っても原因がわからず、抗生剤の注射を打たれたり、抗生剤や整腸剤を処方されるだけでした。
整腸剤を飲むと多少良くなるのですが、やめるとまた下痢に戻り、まったく治る気配がありませんでした。
そのうちチムニーまで下痢をするようになり、私が作るごはんに問題があるのではと思い始めました。
独学で手作りごはんを作ってきましたが、やはりきちんと学ばないといけないと思い、受講に至りました。

2.マスターコースのご感想

基本を押さえつつ、今のうちの子の健康状態に合わせてお話をしてくださるので、とても助かりました。
もう2人の下痢は治らないかもしれないと不安だったのですが、先生にアドバイスいただきとても心強かったです。
独学で本を読んでもなかなか頭に入ってこなかった栄養素のお話も、楽しく学ぶことができました。先生の知識の多さに驚き、幅広く色々なお話が聞けてとても良かったです。

3.受講前と受講後の飼い主・猫の変化

受講前は本村先生や須崎先生の本を参考に独学で作っていたため、栄養が足りているのかいつも不安でした。
そのため常にインターネットで情報収集していました。
たくさんの時間を使ったにもかかわらず、不安は消えませんでした。
マスターコースを受講して、くるるとチムニーの下痢の原因は、塩分の不足によって胃酸がアルカリに傾いているためだとわかりました。
栄養バランスについては、不安がまったくなくなりました。
野菜も体にいいと思い毎食入れていましたが、今は時々少しだけしか使わないので、2人とも前より美味しそうに食べてくれるようになりました。

4.マスターコースを受講し、猫たちにこれからしてあげようと思うこと

2人とも徐々にお腹の調子が良くなりつつありますが、まだ安定していないので、2人の様子を観察しながら焦らずゆっくり治していきたいです。
なかなか増やせなかったお肉の種類も、フリーズドライを使うことでラム肉を食べてくれるようになったので、もっと種類を増やしていきたいです。
うちの子達にしてあげられることはまだまだたくさんあると思うと嬉しくてワクワクします。

5.受講して、イマイチだった点…

いまいちな点なんてなかったです!

6.セミナー受講を悩んでいる方へのアドバイス

悩んでいる暇があったら受講しましょう!
手作りごはんに興味を持ち、色々な手作りごはんがある中で自然食にしようと思うなら、セミナー受講によって最短で犬猫達の健康ごはんが作れるようになります。
自分の経験から、独学での手作りごはんはやめた方がいいです。
自分が作ったごはんで我が子が体調を崩すのは悲しくて申し訳なくて、お互い辛いです。
自然食は本当に素晴らしいです。
基本を学べば楽に楽しく作ることができます。
自然食仲間がたくさん増えるといいな、と思います。

Yuki先生、本当にありがとうございました!
これからもよろしくお願いいたします!

 

 18歳の猫ちゃんとMさま(広島県)

Q.セミナーを受講した感想をお聞かせください。

A.猫好きなのに食や体のしくみなど知らないことだらけだった。
フードラベルの見方、危険な添加物などを一緒に見て意見を頂けたり不安に思っている事を直接質問出来て解消&安心できた。
愛猫に合ったサプリメントのような食材、食事などを具体的に教えて頂けるのは嬉しい。

Q.受講前後のお気持ちの変化などを教えてください。

A.様々な情報が飛び交うネットの情報ではどれを信じて実行していけばいいのか迷い踏み出せずにいたけれど、受講する事によって納得して前に進むことができた。
魚好きだと思っていた(お肉があまり好きではないと思っていた)愛猫がお肉をおいしそうに食べる姿を見て、今までの後悔とそしてこれからの活力にもなった。

Q.セミナーを受けて、これからうちのこにしてあげよう!と思っていることを教えてください。

A.お肉は必ず加熱していたけれど、半生・生のままにもチャレンジし、サプリなども活用して愛猫にとって「えいようがあっておいしい」ごはんを一緒に探していきたい。

Q.ここがいまいちだったなーという点や、講師へのご要望がありましたら、お聞かせください。

A.特になし

Q.プライベートセミナー受講を悩んでいる後輩への一言アドバイスをお願いします!

たくさんの幸せをくれる大切な家族に喜んで食べて貰えるおいしいごはんと健康のお返しがしたいなら是非。

 

ありがとうございました。
ご受講後健康ごはんへ取り組んで、約2週間。
毛並みに良い変化がみられています。
まだまだ、これから少しずつ変わっていきますよ。
高齢猫さん。
これからもっとおいしいと食べてくれる食材を、ひとつずつ見つけていきたいですね。
食べられるのはペットフードだけじゃない。
ペットフードの選び方や食材の探し方など、手作り食に切り替えることではなく、猫さんのごはんや食習慣、環境を少しでも改善するノウハウをお伝えするセミナーにしました。
お肉をおいしそうに食べる猫さんの姿が、飼い主さんのご不安を少しずつほぐしていくようです。

5歳の2猫ちゃんとみどりさま(札幌市)

友人のわんちゃんが自然食を取り入れてお薬を飲まなくて良くなったと聞いて、受講しました。
実際に受講してみて、是非我が家も自然食に取り組みたいと思いました。
お話も分かりやすく、理解でき、また共感しました。

受講前は猫の投薬を止めて良いのかどうか不安がありましたが、獣医さんにも相談し、今からできることに取り組みたいという気持ちになりました。

まず、今日からお肉を買って少しずつ挑戦してみたいと思います。

3時間弱のお話でしたがとても短く感じ、もっとたくさんのお話を聞いてみたいです。

猫の腎臓病と診断され、投薬を開始しました。
お薬を飲ませる以外にも、大切な家族にできることがあります!一歩踏み出しましょう。