猫の健康ごはん 自然食コースを受講して

ベンガル猫・ディオネ♀(増田恵美様)

以前、二匹の捨て猫を捕獲し、避妊手術を受けさせました。
その後も二匹の猫は我が家に居付くことはなく、ごはんを食べに我が家に来ているだけの半野良でした。
その頃はキャットフード(缶詰とドライフード)を与えるのが当たり前と思い、与えていました。

ある日、札幌犬猫ごはん部のブログを読んで、
そうだよね、猫は肉食獣だ。

水を嫌がる猫が魚を採って食べる訳がない
キャットフードは添加物だらけ
凄く納得の内容でした。

ちゃんと猫を飼う時は、Yukiさんから自然食を習おうと決めていました。

ディオネがうちの子になったときに、真っ先に連絡を入れたのがYukiさんです。
その日から自然食にしろと言われるのかと思っていたらそうではなくて。
ちゃんと受講して徐々にキャットフードから自然食への移行でした。

猫を買ったときにキャットフードがついてきました。
受講するまではそのフードを食べさせていました。

猫の自然食のポイント1 フンの臭いがしなくなった!

Yukiさんからオンラインで受講し、初めて肉を食べさせた翌日のこと。
「あれ?フンしてたの?」
それまでキャットフードを食べていた時には、した瞬間に部屋に悪臭が漂い、したというのがわかったのですが、したことに気付かないほどフンの臭いがなくなっていたのです。

フンをする回数も減りました。
Yukiさんに聞いてみたところ、キャットフードは安くするためにかさ増ししてるからフンの回数が多いだけ、自然食にしたら毎日はしなくなること、フンが臭かったら敵に狙われてしまうので、臭くないのが正常なことを教えてもらい、チョー納得でした。

こうして疑問が出たときに直ぐに聞けたのも、受講して良かったと思う点です。

我が家は生後3か月で切り替えたので、スムーズでした。
自然食に切り替えて1年になりますが、もちろん病気は一切なく、毛並みもフサフサ、艶々です。

猫の自然食のポイント2 避妊手術の後も猫が肥満になる心配がない!

生後6か月で避妊手術を受けましたが、その際に「避妊手術後は肥満になるかもしれないので、食事量を減らすかダイエットフードを」と獣医さんから言われました。

Yukiさんから自然食なら肥満になることはないと言われ、手術後も食べたいだけ生肉を食べさせていますが、太る気配すらなく、筋肉隆々でベンガルらしい体型を保っています。

普段は自然食ですが、私が仕事で出張をするときは、止む負えずキャットフードを食べてもらっています。
最近息子から言われたのが「キャットフードを食べるとディオネは必ず吐くんだよ」でした。
試しに私がいるときに、いつものキャットフードを食べさせたのですが、やはり吐きました。(嘔吐ではなく吐出です)

キャットフードを必ず吐出することもショックでしたが、もっとショックだったのは、食べ残しのキャットフードの匂いがひどくて、私が頭が痛くなってきたこと。
いくら仕事でいないとはいえ、添加物だらけのものを食べさせてごめんねです。

自然食のポイント3 生肉を猫に食べさせて大丈夫なの?

自然食は大変そうに見えるし、生肉なんて食べさせて大丈夫なの?という人がほとんどだと思います。

以前ごはんを食べに来ていた猫たちは、近所の畑でネズミを捕まえて食べていました。
ハトやカラスのひなを捕まえてきたこともあります。
ドブネズミより汚い肉がスーパーで売ってませんよね。

ハトやネズミを捕らえて生のままバリバリと食べる猫が、肉に火を通さないとならないというのも思い込みでしかない。

猫は食べ物にうるさいので、喜んで食べる肉、プイっとされる肉があります。
スーパーで売っている鳥肉、豚肉、ラム肉以外にも、通販で珍しい肉を買うこともあります。

Yukiさんのショップでは、採れたての北海道のエゾシカも買うことができて、ディオネの大好物です。どれも人間用の肉なので、嫌がって食べなかったら人間が食べればいいことなので無駄にはなりません。
煮たり焼いたりもしないので大変でもありません。

これからも、可愛いディオネとずっと一緒にいられるように。
病気もせずに長生きしてくれるように。

猫の生態に近い自然食を続けていきます。
Yukiさん、ありがとうございました!

猫のお客様の声一覧に戻る

猫ごはんについて相談する

 

無料メール講座を申込む

猫のメールセミナーバナー