ドライフードは完全肉食の動物である猫の食事には適していません。

猫のドライフードのメリットは、飼い主にとって非常に便利で安価であることです。
だからこそ、ドライフードを猫に与えるべきではないと訴えても、飼い主の心には届きません。

この記事では、ドライフードがあなたの猫の健康を想うならば与えるべきではない理由を10つ挙げています。

ドライフードだけでは猫を健康で長生きさせることができないといわれるこれらの理由を知ってもなお、ドライフードを与え続けますか?

粗悪な原材料

ドライフードは、通常、チキンミール、家禽副産物ミール、肉骨粉(MBM)などのレンダリングされた食材から作られます。

レンダリングは、動物性原料を塊状にするために大きな粉砕機に入れることから始まります。

原材料を寄せ集めて粉砕された物質は、何時間も、あるいは何日もの間高温で沸騰させられ、すべてがどろどろになります。

脂肪は上に浮かび、すくい取られます。

これが、原材料表示では「動物性脂肪」となります。

残りは低水分、高タンパク質の粉末として乾燥されます。

レンダリングされた製品の中でも、マシなものとあまり与えたくないものがあります。

たとえば、「チキンミール」はチキンだけで作られており、比較的純粋である可能性があります。

通常、鶏しか処理しない食肉処理場で作られるためです。

一方で、肉骨粉(MBM・ミートミール)は最も安価な原料の「投棄場」です。

これらには以下が含まれます。

いわゆる「4Dミート」と呼ばれるものです。

・牛、羊、豚、家禽の肉、腸、肺、脾臓、頭、蹄、乳房、胎児、罹患したまたは寄生虫がついた肝臓、切り取られた腫瘍などの「肉以外の部分」

・レストランのごみと期限切れのスーパーマーケットの肉

・農場で死んだ動物(その死骸は何日間も太陽の下で分解していた可能性があります)

・「ダウナー」(病気やケガで死んだため、人間用の食肉処理場に入れなかった動物)

これらすべてが褐色の粉末になってしまうので、ドライフードに何が入っているのかを知ることは不可能です。

米国食品医薬品局(FDA)は、MBM(肉骨粉)および・または「動物性脂肪」(両方ともレンダリングされた成分)を含むドッグフードは、動物を安楽死させるために使用される主な薬であるペントバルビタールを含む可能性が最も高いと認定しました。

安楽死薬がペットフードから検出されるということです。
人間の食品には使うことができない安楽死させられた動物のたんぱく質や脂肪がペットフードに使われている可能性があるということです。

肉食の動物である猫は、たんぱく質を必要とします。

食料品店、ディスカウントストア、大型ペット用品店などで見られるような安価なドライフードには、これらの肉骨粉やミールを使ってもなお利益を上げることは困難です。

そのためドライフードの製造業者は代替副産物やトウモロコシなどの安価な植物性タンパク質を代用します。

グルテンミール、大豆ミール、および植物性タンパク質濃縮物を、総合栄養食の基準値の最小レベルに達するたんぱく質の量にするために濃縮して使用されます。

ドライフードにはこれらの品質の悪いたんぱく質のほか、炭水化物、またはデンプン(穀物またはデンプン野菜)、ビタミン(人工のビタミン)、および水が含まれます。

大人の犬や猫は、食事に炭水化物を必要としません。

ペットフードに多量に含まれるデンプンは、カロリーを提供するだけです。

肉食性の動物である猫にとっては、自然な食べ物ではありません。
でんぷんのカロリーのほとんどはすぐに脂肪に変換されます。

ペットを太らせているのは飼い主のせい、痩せさせなさいと指導しながらドライフードを販売するのはおかしなことだと思いませんか?

非常に安いドライフードには、非常に安い原料が使われているにもかかわらず、値段が高いペットフードだから品質が信頼できるとも言えません。

製造業者は、原材料を購入し、加工し、最終食品を袋詰めして流通業者に出荷します。
人件費や諸経費が発生しています。

卸販売をする業者はドライフードを貯蔵し、最終的に小売店に配達します。

小売店が商売を続けるための陳列にも場所代や人件費などの費用がかかります。

それでも、ペットフードは1,500円で売られるかもしれません。
関連する業者みんなのための利益を保証しながら。

1キロ当たり約400円の食べ物に含まれるすべての材料の費用は、30円を超えることはできません。

もし製造業者が高価な広告を通して食品を宣伝するのであれば、そのコストも控除しなければなりません。

人気のあるインターネットペットサイトで売られているドライキャットフードの調査では、価格と品質に大きな変化が見られました。

予想通り、量販店で販売されるようなのドライキャットフードは450gあたり200円未満でしたが、「オーガニック」な原材料やグレインフリーなどいわゆるプレミアムフードは450gあたり300円でした。

最も高価な食品は、穀物が含まれていない、オーガニックやナチュラルフードではありませんでした。
最も大規模に宣伝されたものでした。

S社の室内猫メンテナンスフードには本物の肉のかけらが1つも含まれていないにもかかわらず、450gあたり400円という驚異的な価格です。

アレルギー食などになれば、もっと高額になります。

 

製造処理方法の問題

ドライフード(キブル)は、粘着性のあるでんぷん質の生地に高タンパク質の原材料を混ぜて作られます。
キブルは高い圧力をかけて圧縮し、押し出し機を通して形成されます。

生地はバレルを通り、最終的にはケーキデコレータのような形をした開口部で終わる小さなチューブに巨大なネジで押し込まれます。

ドライフードの生地には、押出機内で非常に大きな熱と圧力がかけられます。

圧縮された生地が空気中に出て、通常の空気圧に達すると破裂して小さくなり、それぞれのペットフードブランドに関連したおなじみの形になります。

加熱処理は野菜、果物、そして穀物をより消化しやすくしますが、それはタンパク質に反対の効果をもたらします。

調理されたタンパク質は消化しにくいだけでなく、加熱によってゆがめられたり、「変性」したりします。

なじみのない不自然な形に免疫系が反応するので、これらの異常なタンパク質は食物アレルギーの発生の要因となるかもしれません。

体内の何千もの化学反応を助ける酵素は特に壊れやすく、比較的低温でも熱によって急速に破壊されます。

食品を消化するのを助けるだろう通常の食品酵素(食物酵素)は、ドライフードが受ける熱処理によって破壊されます。

膵臓はドライフードから失われた酵素を強制的に補います。

時間が経つと、膵臓はストレスを受けて肥大し、さらには生命を脅かす膵炎につながることさえあるのです。

炭水化物

炭水化物は、炭素(C)、水素(H)、および酸素(O) – 炭素および水(H 2 O) – つまり「水和炭素」を含む分子です。

最も単純な炭水化物は糖です。
そしてすべての炭水化物は砂糖のさまざまな構成です。

繊維は、細胞壁を硬く保つために植物細胞によって作られる特別なタイプの炭水化物です。
セルロース(細胞壁)があるために植物は比較的小さな範囲から直立に成長することができます。
犬や猫にはない繊維を消化するのに特殊な酵素(セルラーゼ)が必要です。

猫は肉食動物、肉食者です。

彼らの自然な食事は高タンパク質と高水分です。
例えば、ラット全体は約8%の炭水化物を含んでいます。

天然の餌(鳥、ウサギ、げっ歯類など)は9〜10%の炭水化物を含んでいます。
これのほとんどはグリコーゲン、体が筋肉と肝臓に蓄える糖の貯蔵形態から成ります。

そしていくつかは獲物の腸の中で未消化の食べ物から来ます。

肉食動物の理想的な食事は本質的に低糖質です。
たくさんのタンパク質と脂肪、そして野菜からの少量の複雑な炭水化物で構成されています。

ドライキャットフードの平均炭水化物含有量は約30%の炭水化物です。

タンパク質はドライフードの原材料の中で最も高価な成分であり、最も安い原材料は炭水化物です。
だから一般的に安いキャットフードはより多くの炭水化物を含んでいます。
(ただし値段が高いのに低たんぱく質高炭水化物のペットフードもあります)、

肉食動物として分類されていますが、犬(および人間)は、実際には雑食性であり、エネルギー源としてほとんどあらゆる食品を使用することができます。

炭水化物を単糖に分解することで、炭水化物を直接エネルギーに使用します。
即時のエネルギーのために、または肝臓と筋肉の中にグリコーゲン貯蔵を補充するために必要とされない糖は、脂肪に変わります。
これはいくつかの生化学的経路を通して起こります。

しかし、ほとんどの哺乳類で使用されている主要な代謝経路(酵素グルコキナーゼを含む)はネコには本質的に存在しません。

完全な肉食性の動物である猫は、エネルギー源としてタンパク質と脂肪を優先的に使用します。

ネコ科動物は炭水化物を消化吸収することができますが、それらの炭水化物はたいてい素早く直接脂肪に変わります。

炭水化物のもう一つの欠点は、他の栄養素よりも速く血糖を上げることをです。

血糖値が上昇すると、膵臓からのホルモン、インスリンの放出が引き起こされます。

インスリンは糖が細胞に吸収されるのを可能にし、そこで糖質をエネルギー源として使用します。
 インスリンがなければ、エネルギー不足の細胞があっても、糖は血流中にとどまります。

熱処理は炭水化物の血糖指数(GI値)を上昇させます。

ドライフードの一般的な成分であるコーンは、チョコレートバーを食べたときに似た血糖値上昇を示します。

ドライフードを放置して置き餌として与えると、猫は一日15-20回食べ続けます。

食事の度に血糖値が急激に上昇し、膵臓は毎回インスリンを分泌しなければなりません。

インスリンの過剰分泌は、細胞がホルモンに応答する機能が低下し、インスリンに耐性ができます。

これが、ドライフードがネコ(II型)糖尿病の主な原因である理由の1つです。

膵臓はまた、重炭酸塩を分泌して胃から来る食物中の酸を中和します。

継続的な膵臓刺激はまた、尿中の結晶および結石が容易に形成され得るアルカリ性環境を作り出します。

カロリー過多による肥満

現在、米国では50%以上の犬や猫が太りすぎであり、その多くが重度の肥満であると推定されています。
太っているほうがかわいいと言ってもいられません。

肥満のペットは寿命が短くなり、糖尿病、膀胱や腎臓病、関節炎、肝不全、慢性胃腸障害などの慢性疾患につながります。

免疫の問題、その先には癌があります。

ドライフードは高濃度のカロリー源です。

ドライフードはペットの肥満の主な原因です。

肥満それ自体は、以下を含む多くの深刻な病気につながります。

・糖尿病
・嘔吐
・慢性嘔吐
・慢性下痢
・高血圧
・肌とコート(被毛)の問題
・肝リピドーシス(肝不全)
・膵炎
・関節炎
・心臓病
・喘息
・アレルギー性皮膚疾患
・炎症性腸疾患(IBD)
・膀胱疾患・膀胱炎
・腎臓病

水分不足

ドライフードは水分をほとんど含みません。

砂漠に住む野生の猫が先祖である猫にとって非常に大きな問題です。

猫の腎臓は、彼らは獲物の動物から水分の最後の一滴を抽出するように設計されている超効率的な腎臓のままなのです。

その結果、猫はのどの渇きが少なく、水分が約3%脱水されるまで水分を飲みません。

この脱水レベルはほとんどの獣医師が静脈内輸液を検討するであろう深刻な脱水状態です。

 犬は容易に水を飲むので、猫ほど深刻な脱水症になりにくいです。

脱水症は、尿の結晶や結石、膀胱感染症、FLUTD、便秘、腎臓病など、多くの深刻な猫の健康上の問題を引き起こすか、またはその原因となります。

潜在的な汚染物質

農薬を染み込ませた穀物や病気にかかった動物、死んだ動物、そして死にかけている動物など、製造業者がペットフードに入れるものの種類を考えると、悪いことが起こることは驚くことではありません。

ペットフードに使用される成分は、多くの場合、多種多様な有毒物質で非常に汚染されています。
これらのいくつかは処理によって破壊されますが、他は破壊されません。

・バクテリアとバクテリア毒素 。

屠殺された動物、ならびに病気、怪我、または自然の原因で亡くなった動物は、肉、副産物、およびペットフードのための食事の供給源です。

ドライペットフードに一般的に見られるレンダリング済み製品には、チキンミール、家禽副産物ミール、および肉骨粉が含まれます。

農場で死亡した動物は、死亡後何日もレンダリング工場に運ばないかもしれません。

これらの死体は、分解する消化管から放出されるサルモネラ菌や大腸菌などの細菌でひどく汚染されている可能性があります。

危険な大腸菌は肉食の50%以上を汚染すると推定されています。

レンダリングプロセスはバクテリアを殺しますが、それはいくつかのバクテリアがそれらの成長の間に作り出すエンドトキシンを排除しません。

これらの毒素は加工を生き延びることができ、そして病気や病気を引き起こすことがあります。
ペットフード製造業者はバクテリアのエンドトキシンについて彼らの製品をテストしません。

さらに、多くのリコールや人間の病気が証明しているように、ドライフードにスプレーされる「アニマルダイジェスト」のような香料は、 サルモネラ菌に汚染されやすくなります。

2012年、 サルモネラ菌は乾燥ペットフードに触れただけで49人(頭)を医師に送りました。

・ 薬 

病気や死んだ動物はペットフードのために頻繁に処理されるので、それらを治療または安楽死させるのに使用された薬はまだ彼らの肉や臓器に存在するかもしれません。

ペニシリンとペントバルビタール(安楽死治療薬)は、そのまま処理を通過することができる薬のうちの2つです。

家畜生産に使用される抗生物質は、ペットや人々の抗生物質耐性にも寄与しています。

・マイコトキシン (カビ毒)

カビや真菌からの毒素はマイコトキシンと呼ばれています。

現代の農業慣行、悪天候、作物の不適切な乾燥および貯蔵はカビの成長に寄与することがあります。

マイコトキシンで汚染されている可能性が最も高いペットフードの成分は、小麦やトウモロコシなどの穀物です。

そして、魚粉。

乾燥食品中のアフラトキシンと呼ばれる非常に強力な毒のために、ペットの病気や死に対応して多くの大きなペットフードの回収がありました。

100頭以上の犬が汚染されたドライフードに残留していたカビ毒によって殺されました。

・化学残基 。

農薬、除草剤、および肥料は植物製品に残留物を残すことがあります。

残留物のためにUSDAによる人間の消費を非難されている穀物は合法的にペットフードに使用されるかもしれません。

USDAは、MonsantoのRoundup®の有効成分であるグリホサートについてもテストしていません。

そのため、ヒトやペットフードのいずれにもそれがいくらでも含まれている可能性があります。

・GMO (遺伝子組み換え食品)

遺伝子組み換え植物製品もまた重要です。

2015年現在、米国の大豆の作付面積の95%、綿の88%、およびトウモロコシの95%が遺伝子組み換え品種です。

特にトウモロコシはグリホサートでひどく汚染されています。
綿実粉は、大豆やトウモロコシと同様に、牛の飼料の一般的な成分です。
大豆やトウモロコシも多くのペットフードに直接使用されています。

2010年の研究では、遺伝子組み換えトウモロコシを給餌したラットの肝臓と腎臓に著しい損傷、そして腫瘍の増加が見られました。

有機・オーガニックのトウモロコシでない限り、ほとんど確実にグリホサートが含まれています。

・アクリルアミドおよびその他のメイラード反応生成物(MRP) 

これらの発がん性化合物は、特定の糖とアミノ酸アスパラギン(ジャガイモや穀物に多く含まれています)を組み合わせた食品中で、調理温度約250°F(121度)で形成されます。

それはメイラード反応と呼ばれる化学プロセスの間に形成されます。

ほとんどのドライペットフードには、穀物やポテトなどのでんぷん質の野菜が含まれており、高温で加工されます。
(押出成形時の高圧で200〜300°F、(93~148度)
ドライフードは500°F(260度)をはるかに超える温度で調理されます)。

これらの条件はメイラード反応に最適です。

実際、メイラード反応は、タウリンおよびリジンを含むいくつかのアミノ酸のバイオアベイラビリティー(生物学的利用能)を低下させるとしても、それが口当たりの良い味を付与するのでペットフードの製造に望ましい のです。

ペットフードにおけるアクリルアミドとMRP(メイラード反応生成物・それらの多くは有毒である)の量と潜在的な影響は知られていません。

防腐剤

缶詰はそれ自体が保存手段であるため、缶詰には防腐剤などの保存料は必要ありません。

ドライフードメーカーは、ドライフードが輸送や貯蔵を経ても食べられるようにするには、長い保存期間(通常12〜18ヶ月)を確保する必要があります。

ペットフードで使用される脂肪は、合成または天然の保存料で保存されます。

合成防腐剤には、ブチル化ヒドロキシアニソール(BHA)およびブチル化ヒドロキシトルエン(BHT)、没食子酸プロピル、プロピレングリコール(自動車用不凍液の低毒性バージョンとしても使用される)、およびエトキシキンが含まれます。

これらの酸化防止剤に関しては、動物の生命のために毎日食べられるかもしれないペットフードにおけるそれらの毒性、安全性、相互作用、または慢性的な使用を文書化する情報はほとんどありません。

半生タイプのドッグフードやビッツタイプのようなエサのやわらかさを保つためのものであるプロピレングリコールは、猫の貧血を引き起こすのでキャットフードで禁止されていますが、ドッグフードでは許可されています。

BHA、BHT、およびエトキシキンなどの潜在的な癌原因物質は、ペットおよび一部の人間の食品に比較的低レベルで許容されています。

ペットフードにおけるこれらの化学物質の使用は徹底的に研究されていません。
そしてこれらの薬剤の長期蓄積は結局有害であるかもしれません。

エトキシキンは猫の安全性についてテストされたことがありません。
それにもかかわらず、一般的によく知られている獣医の「処方食」に使用されています。

肝疾患

肝臓は消化管から戻ってくるすべての血液を受け取ります。

これは、肝臓が主要な解毒器官であり、多くの潜在的な毒物を傍受して解体するための酵素系が整っているためです。
大量の白血球も肝臓に存在し、侵入してくる生物を攻撃する準備ができています。

肝臓はアルブミンのような多くのタンパク質をつくる原因でもあります。
それはコレステロール、重要なホルモンの基本分子を作ります。
そしてそれは脂肪の消化と吸収のために不可欠である胆汁を生産します。

猫の肝臓は食事の変化に特に敏感です。

猫が食べないと、肝臓がストレスを受けて「強化」を要求し始めます。

猫の場合、これは体の周りの脂肪の分解から成り、肝臓はそれから血流からつかみ、その細胞に詰まります。

この極端な脂肪蓄積は、細胞が適切に機能することを妨げるほど深刻になり得、そして「肝リピドーシス」(脂肪肝疾患)と呼ばれる生命を脅かすタイプの肝不全をもたらし得ます。

太りすぎの猫、そしてほとんどドライフードを食べている猫だけが危険にさらされています。

アレルギーと喘息

免疫系の80%が腸にあると聞いたことがあるかもしれません。

膨大な数の白血球が腸内層に沿ってグループ(「パイエル板」)で住んでいます。

腸はウイルスからワームに至るまで、生物を侵入させるための体内への侵入の主要な経路の1つであるため、それは理にかなっています。

上で簡単に述べたように、乾燥食品が製造中に受ける高熱加工、はタンパク質を変性させる可能性があり、たんぱく質の形状を歪めることを意味します。

タンパク質にとって、形状はすべてであり、正しい形状のタンパク質だけが適切に機能します。

形状は、免疫系がどのようにして外来タンパク質と対比して体内にあるタンパク質(「自己」)を同定するかということでもあります。

ウイルス、バクテリア、真菌、および他の侵入者はすべて、それらの表面に見られるタンパク質によって識別されます。

免疫細胞が外来タンパク質を同定すると、抗体の増強および産生のための段階的に連なっているシグナルの伝達が開始されます。

その後、抗体は血流を洗い流し、その形状に合った侵入者を探します。
彼らがそれを見つけると、彼らは噛み付いて支援の合図をします。

炎症は主な反応の一つです。

異常なタンパク質が免疫細胞に取り込まれて抗体が産生されると、そのタンパク質が出現するたびに抗体がそれに集まり、炎症を刺激します。

より悪いタンパク質=より多くの炎症。

腸はこの反応に親切には反応せず、そして何らかの方法で食物を拒絶し始めます。

嘔吐、下痢、またはその両方の症状を見せることがあります。

猫は嘔吐を特に得意としているようで、実際、嘔吐は食物アレルギー、および本格的な炎症性腸疾患(IBD)の主な症状です。

真の食物アレルギーは食物不耐性とは異なりますが、症状は同じです。

アレルギーには免疫系が関係しますが、不耐性は単に食物中の何か – 着色料、乳化剤、または他の添加物への反応 – であるかもしれません。

アレルギーは一般にタンパク質に対するものです。

タンパク質は肉だけでなく、大豆、トウモロコシ、小麦、その他の穀物にも含まれています。

食物アレルギーと食物不耐性の両方がドライフードでより一般的です。

幸いなことに、どちらも食事療法に反応します。

腎臓および膀胱結石

犬も猫も、膀胱や腎臓に炎症、水晶、石などを発生させることがあります。

これらの条件は、完全に引き起こされていないとしても、ドライフードによって悪化します。

猫は「一般的にFLUTD(猫の下部尿路疾患)、LUTD(下部尿路機能障害)、または古い、期限切れの用語で呼ばれるFUS – 猫の泌尿器症候群」と呼ばれる「ネコ下部尿路障害」と呼ばれる状態に陥ります。

実際には、少なくとも3つの異なる種類があります。

膀胱炎

この用語は「膀胱の炎症」を意味します。
大部分のLUTD(下部尿路機能障害)症例(約2/3)は「特発性膀胱炎」(原因不明の膀胱炎)のカテゴリーに分類されます。

猫のこの症候群は、女性の間質性膀胱炎に非常に似ています。

細菌が関与することは稀です – ほとんどが「無菌」の炎症です。
(糖尿病患者や高齢の猫は、防御力が低下するため、細菌感染を起こしやすくなります。)

結石尿

これはミネラルクリスタルが膀胱内に形成される状態です。
犬には多くの種類の結晶がありますが、猫によく見られるのは2種類だけです。

ストルバイト(リン酸マグネシウムアンモニウム)とシュウ酸カルシウムです。

尿路結石で尿道が詰まるオスの猫は通常刺激された膀胱の粘液に結晶を持っています。

この結晶が石となった「栓」が尿道を滑り落ちると、尿道の末端が狭くなるところで動けなくなる可能性があります。

尿路結石症 Urolithiasis

「lith」は石です、そして「Uro」はそれが泌尿器系にあることを意味します。

LUTD(下部尿路機能障害)の症例の約20%だけが膀胱結石を伴います。
– これらの約半分はストルバイト結石で、そして半分はシュウ酸カルシウム結石です。

それらは、尿が非常に集中しているときに最も容易に形成され、通常尿中にある成分がぶつかって結晶または石にまとまる可能性を最大にすします。

ストルバイト結石は尿を酸性にする食べ物を使った食事療法(缶詰のバージョンをお願いします!)を供給することによって溶解することができますが、シュウ酸カルシウム石は外科的に除去されなければなりません。

犬はまた、膀胱炎、水晶、および結石をもらいます。
しかし、犬では、これらの状態はバクテリアによって引き起こされる可能性がはるかに高いです。

それは、保護者が職場や学校にいる間、多くの犬が何時間も尿を止めなければならないためです。

泌尿器系の自然な防御には、尿の流れ込みとそれに伴う細菌の洗い流しが含まれます。

尿が保持されると、細菌は膀胱にコロニーを形成して大混乱を引き起こし始めるのに何時間もかかります。

すべての膀胱の問題を防ぐための最善の方法は、これらの問題の粒子を洗い流すために泌尿器系を通ってたくさんの液体を流し続けることです。

ドライフードは、結晶や石を形成する可能性がはるかに高い高濃度の尿を生成します。

尿路を健康に保つためには、水分を含む食べ物が必要です。
そしてそれは膀胱疾患の病歴を持つ犬や猫には欠かせません。

何をすべきか

あなたのペットに健康に非常に必要な水分とタンパク質含有量を与えるために、缶詰、自家製、またはローフード=生の食事を試してみてください。

缶詰食品は加工されていますが、乾燥食品の場合は高熱で2回(畜産物がレンダリングされた場合は1回、押し出しの場合は1回)ではなく、1回だけ(短時間の低温で)調理されます。

缶詰食品はまた、乾燥食品よりもはるかに高いタンパク質含有量を有​​する傾向があります。

あなたが栄養学的生理学的知識を持ち、犬猫の健康のための食事を作ることができるのなら、理想的です。

ただし、インターネット上や日本の書籍のほとんどのレシピはバランスが取れておらず、食べさせ続けると犬猫にとって深刻な病気の要因となる可能性があります。

あなたが犬猫の食べ物を作るのなら、原材料の品質を100%管理することができます。

どんな犬猫にも合う「フリーサイズ」の市販の餌では決してできない、個体それぞれのニーズに合わせた食材や栄養を与えることができます。

生の肉ベースの食事は家庭で作ることができます。

市販の食事に少し生の肉を加えるだけでも、改善になります。

具体的にどのようなステップで猫の食事を生肉ベースの自然食に切り替えていくのか?
学んでみたい方には「猫の自然食コース」をご用意しています。

まずは9日間メール講座猫の食事相談をご利用ください。

参考資料

Dr.Jean Hofve 

10 Reasons Why Dry Food Is Bad for Cats & Dogs