猫の手作りごはんの適正量はどのくらいでしょうか。

それは、猫さんに聞いてみないとわかりません。

体重5Kgの猫で1日100~150gの生肉が目安です。

大事なのは「猫が1日に何グラムの肉を食べるか」ではなくて、「うちのこがそれぞれ何グラムの肉を1日に消化・吸収できるか」です。

基準値通りにきっちり食べさせても、量が多すぎて下痢や吐出が起こったり、必要な栄養が摂れない、食べ足りなくて満たされない気持ちで過ごすのでは、健康のための食事からは少し離れてしまっているかもしれません。

猫は、生き物。

目安としての数字はあるけれど、数字だけで猫を判断しないことが重要です。

講座では、猫の体重あたりのお肉の量の目安をお話して計算してもらいます。

猫は真性の完全肉食動物です。

主食は、生肉です。

生肉以外のものを食べさせる場合はこの限りではありません。

一緒に食べる食材によって、同じ肉の量でも摂取できる栄養価は違います。

猫は1日にたくさんの食べ物を食べることができませんので、なるべく少量で栄養価の高い食材を利用します。

猫は真性肉食動物です。

筋肉だけを食べるのは本来の食事から外れることになります。

本当は、捕らえた獲物を丸ごと、全身いただくのが猫の食事です。

被毛も、血液も、骨も、内臓も、胃の内容物も…。

手作り食では「お肉だけ」「筋肉だけ」を食べさせたり、他の食材で帳尻を合わせようとすると、却って他の部分に問題が起こる可能性があります。

イエネコは違うと考える方は、猫の身体のしくみや消化の仕組みをもう一度見直してみてくださいね。

せっかく愛情を込めてお金と時間をかけて、猫のために手作り食を用意するのなら。

健康のため、と真逆なことをしてしまうなんてとても悲しいことだと思います。

人間の都合を猫に押し付けない、猫の体に優しい、猫の健康のための手作り食「手作り自然食」をお勧めしています。