2018年4月10日 このような記事が出ました。

「チューリップと一緒に写真に収まった猫、翌日に亡くなり悲劇の1枚に(英)」

猫にとって有害な屋内外の植物についても、私たちは知っておく必要がありそうです。

猫にとって有害な屋外植物

1.サゴ・パーム(サゴヤシ)

猫の消化管(嘔吐、下痢)、中枢神経系(不安定な歩行、振戦、発作、昏睡)および肝臓(黄疸、黒いタール状の便)を引き起こすことがあります。

すべてのパーツが毒であり、特に種子が危険。

万が一猫が口にしてしまった場合は、すぐに動物病院で治療を受けてください。
獣医師が吐かせ、解毒のために活性炭などを投与するなどの治療が行われます。

2.ユリ

猫にネギを食べさせてはいけないということはあまりにも有名ですが、このネギはかつてユリ科と言われていました。
今は体系により、ヒガンバナ科に分類されている資料もありますが、ユリ科もヒガンバナ科も猫にとって毒になることに変わりはありません。

特に、ユリ科へメロカロス属のユリは、子猫にとって致命的と言われています。
ユリには多くの種類がありますが、2〜3枚の葉や花びら、あるいは花粉や花びらの花瓶からの水でさえ、重度の急性腎不全で死に至ることがあります。

中毒の徴候には、嘔吐、食欲不振、異常排尿、嗜眠および進行性腎障害が含まれます。
治療には通常、48時間の入院、積極的な除菌、嘔吐防止薬および点滴が含まれます。

中毒症状を起こしてすぐに治療をすれば、多くの猫が一命をとりとめることができます。

 

3. 強心配糖体を含む植物

強心配糖体とはいわゆる「強心作用をもつステロイド配糖体」

ジタギリス属の植物であるフォックスグローブ、狐の手袋(きつねのてぶくろ)
ミルクウィード、カランコエ、スズラン、オレアンダーなどが含まれます。
心臓の薬になる反面、誤って食べてしまうと中毒を引き起こすことがあります。

中毒の徴候には、胃腸管(衰弱、嘔吐)、心臓血管系(非常に遅いまたは急速な心拍数、不整脈)、電解質の不均衡(例えば高カリウムレベル)および中枢神経系の兆候(拡張した瞳孔、発作)。

すぐに獣医の介入が必要とされ、汚染除去、静脈血、心臓および血圧の監視、心臓薬等の治療になります。

4. ブルーグリーンアルジー

青緑色の「藻類」のことです。

猫に役立つハーブのひとつとして、藻であるスピルリナ(クロレラ・ユーグレナ(ミドリムシ)を使用しますが、スピルリナなどには問題がないことを先にお伝えしておきます。

池や川、農地などに発生している「藻」との中で、安全なスピルリナなどの藻と猫に中毒を引き起こす藻の違いを見抜くことは不可能のため注意が必要です。

有毒な藻類は、マイクロシスチンおよびアナトキシンを含む有害な化合物を産生する可能性があります。
マイクロシスチンは、肝障害または肝不全を引き起こします。
また、アナトキシンは神経毒性を引き起こす可能性があり、呼吸麻痺による死亡につながる可能性があります。

これらの毒素への暴露の徴候および症状には嘔吐、下痢、タール様の血便。

淡い粘液膜、黄疸発作、ショック状態、過度の唾液分泌、神経学的徴候(筋振戦、筋硬直および麻痺)。

皮膚と粘膜の青色の変色、呼吸困難。

猫が池に落ちたり、バクテリアがいる水を飲まない限りは起こらないでしょうが、ほんのわずか(数回の舐め)だけで致命的になる可能性があります。

青緑色の藻類、またはシアノバクテリアは、淡水または海水と淡水が混在する場所などに生育します。
シアノバクテリアで見出される毒素は、重度の肝不全および神経学的徴候を引き起こし、数時間以内に死を引き起こす可能性があります。

猫を、藻が浮遊している水から遠ざけてください。見た目では安全な藻かどうか判断できません。

悲しいことに、点滴、輸血、適切な薬を含む積極的な治療を行っても、予後は不良です。

 

猫の周りの危険な屋内植物

1. サトイモ科の植物

これには、フィロデンドロン、ポトス、スパティフラム、ディフェンバキア(Wikipediaではサトイモ科のつるのある観葉植物)、オランダカイウ、シンゴニウム・ポドフィルム、サンセベリア、ハートカズラ、シュロガヤツリ、等の観葉植物を含みます。

よく見る観葉植物ばかりです。
観葉植物はどれが猫にとって安全かわかりませんので、猫がいる家庭では観葉植物を置かないこともナチュラルケアと言えます。

猫が誤って食べてしまうことがないよう気をつけましょう。

これらの観葉植物には、不溶性シュウ酸カルシウム結晶を含みます。

猫が食べてしまうと、重度の口痛を引き起こすことがあります。あ
唇が腫れたり嘔吐することがあります。

幸いなことに致命的な問題ではないとされています。

謝って猫が噛んだ場合、牛乳やヨーグルトを与えてシュウ酸カルシウム結晶の損傷を最小限に抑えます。

もし症状が悪化したり改善しなければ獣医師の診察を受けてください。

 

2. クローバー(シロツメクサ)、ルバーブとトロピカルスターフルーツ

誤食による中毒はまれですが、それが起こると致死的な緊急事態となり、摂取によって血中カルシウム濃度が低下し、シュウ酸カルシウム結晶が腎臓に形成され、急性腎不全を引き起こす可能性があります。

中毒の徴候には、うずき、食欲不振、嘔吐、嗜眠、振戦、および異常排尿が含まれます。

猫がもし食べてしまったり、その疑いがある場合はすぐに獣医師の診察を受けてください
。血液検査と静脈内点液が必要になります。

3. カランコエ(ベンケイソウ科)

とても美しい花ですが、強心配合体を含むため、猫が食べると致命的です。

中毒の徴候には、胃腸管(衰弱、嘔吐)、心臓血管系(非常に遅いまたは急速な心拍数、不整脈)、電解質の不均衡(例えば高カリウムレベル)および中枢神経系の兆候(拡張した瞳孔、発作)。

すぐに獣医の介入が必要とされ、汚染除去、点滴、心臓および血圧の監視、心臓薬などが必要になります。

4. ドラセナ・フラグランス/リュウケツジュ

ドラセナ・フラグランスには必須の栄養素の吸収を妨げる抗栄養素であるサポニンが含まれています。

猫が口にした場合、膨張した瞳孔、垂れ流し、嘔吐、下痢および嗜眠を引き起こす可能性があります。

これはいくつかの他のものよりもはるかに良性の中毒タイプですが、猫が触れる場所に置かないようにしましょう。

5. 春の花

水仙、ヒヤシンスおよびチューリップを含む特定の春の球根は、猫に軽度の嘔吐または下痢を引き起こす可能性があります。
大量の球根が食べられると、猫の胃や腸に障害を引き起こす可能性があります。
合併症としては、心拍数や呼吸数の上昇、血圧低下や振戦、発作の減少などがあります。

猫が植物を口にしても、緑と花自体は一般的に安全であると考えられています

猫が球根を食べてしまったら、必要に応じて汚染除去、補液、嘔吐防止薬などで治療されます。

完全室内飼育の猫であっても、観葉植物などで中毒を引き起こすことは避けられないことがわかります。
ユリやチューリップ、スズランなど女性が好む花は猫にとっては命を脅かす植物だということも猫を飼うなら知っておきたいですね。

 

猫を健康に飼育したい方にとって、このような生活環境を整えることと食事はとても大切なことです。

猫を健康にしたい飼い主さんに、無料のメールセミナーを配信しています。

こちらからご登録ください。

猫のメールセミナーバナー

 

猫のごはんのご相談はこちらから

 

参考文献

Beware: Can Cause Liver Failure and Death Within Hours By Dr. Becker

【海外発!Breaking News】チューリップと一緒に写真に収まった猫、翌日に亡くなり悲劇の1枚に(英)