猫の甲状腺機能亢進症は、10歳以上の猫の10%を超えると言われています。
猫の内分泌(ホルモン)の病気でもっとも一般的で、アメリカでは流行の域に達しているそうです。
このブログにも、「猫の甲状腺機能亢進症の食事について」調べる方が多く訪れるようになってきており、相談も増えています。
この記事では、米国の獣医師Dr. Karen Shaw Beckerの記事を意訳しながら、「猫の甲状腺機能亢進症を避けるための7つのヒント」をご紹介していきます。

「避けるための」としていますが、すでに甲状腺機能亢進症の診断を下された猫こそ、早めにその要因を身の回りと食事から取り除くことが重要です。

猫の甲状腺機能亢進症と治療法

猫の甲状腺機能亢進症には、多数の治療法があります。
基本的には手術か投薬かということになります。
また、病気になってからの食事療法も重要ですが、できるのならあなたの猫が甲状腺機能亢進症の診断を下される前に食事や生活習慣による予防を行うことが重要です。

猫の甲状腺機能亢進症は、通常、咽喉の基部にある小さな蝶形の器官である甲状腺上に発生する良性(またはまれに癌性の)腫瘍によって引き起こされます。
甲状腺ホルモンを過剰生産すると、その結果が甲状腺機能亢進症と呼ばれる状態になります。

甲状腺機能亢進症の治療の過程で腎不全の猫の甲状腺を抑制することは腎臓の組織を悪化させる可能性があることが指摘されています。
甲状腺機能亢進症の猫の治療には注意が必要です。
猫が腎臓病に罹患している場合、実際に若干の甲状腺機能亢進症を発症しやすくなります。

 

 

 

 

 

Dr. Karen Shaw Beckerは猫の甲状腺機能亢進症の発症の早期であれば、より伝統的なアプローチに関連する多くのリスクと副作用を避ける自然療法から始めることを推奨しています。
この病気を早期に発見することが重要です。

意識の高い獣医師は、7歳で猫の甲状腺レベルをチェックし始め、毎年のテスト結果を微妙な変化と比較し始めます。
一貫した甲状腺のレベルの上昇がある場合、甲状腺のバランスをとるプロトコルを直ちに開始します。

猫の状態を管理するのに有益な多くの自然療法があります。
これらには、ホメオパシー療法、鍼治療、ハーブ療法(東洋、西洋およびアーユルヴェーダ)および栄養補助食品が含まます。

Dr. Karen Shaw Beckerは、猫が7歳を過ぎたら猫の甲状腺のレベルを毎年チェックすることを勧めています。

自然療法で効果が見られない場合の第二の選択肢は、猫の甲状腺からの良性腫瘍の外科的除去手術です。

外科手術は猫の甲状腺機能亢進症の問題を解決しますが、副甲状腺の偶発的な除去を含む合併症があり、は他の問題を引き起こします。
正常に行われた甲状腺切除術は甲状腺機能亢進症を治癒させます。
ただし、これは究極の肯定的結果です。
放射性ヨウ素療法も別の選択肢ですが、費用と副作用があり、この治療法を選択することを妨げます。

別の選択肢は、甲状腺ホルモンの産生を阻害して循環ホルモンの量を減らす、メチマゾールと呼ばれる薬剤を使用した病気の医療管理です。
嘔吐の原因となるGIの混乱を含む副作用の懸念があります。
Dr. Karen Shaw Beckerは、合成経皮メチマゾール軟膏を猫の耳の中に塗布することによってGIの問題を回避した治療成功例をもっています。

猫の甲状腺機能亢進症薬は顔面に激しい痒みをの副作用を表す場合があります。
このような薬の副作用が出た場合は、薬物を継続することができず、別の治療を選択する必要があります。
幸いにも稀である他の副作用には、血小板の減少および肝臓酵素の増加があります。
医療管理の欠点は、ネコが残りの生活のためにメチマゾールを服用しなければならず、血中濃度を日常的に監視しなければならないことです。

猫の甲状腺機能亢進症と腎臓の問題

甲状腺機能亢進症は猫の腎臓の問題を隠すことが知られています。
獣医師はメチマゾールを服用している子猫で甲状腺ホルモンレベルだけでなく腎機能もモニターすることが重要です。Dr. Karen Shaw Beckerは猫を甲状腺機能亢進症と診断した時、漢方および栄養補給によってホリスティックな腎臓サポートを開始します。
これはまた、ホメオパシーの獣医と連携をとって行います。

最後に、

あなたの猫が甲状腺機能亢進症を避けるための7つのヒント

  1. 猫の天然のヨウ素摂取量を尊重した、栄養バランスのとれた新鮮な種に適した食事を与えてください
  2. 「BPAフリー」ではない缶詰食品は購入しないでください
  3. 猫に魚ベースの食餌、または大豆製品を含む食物を与えることは避けてください
  4. 猫の周囲から「難燃剤(PBDEs)」を取り除いてください
  5. 猫の身の回りから、化学繊維を取り除いてください
  6. 猫の環境のため、高品質の空気清浄機を購入してください
  7. 猫には、逃げ場がありません。換気を十分に行ってください

 

米国の獣医師Dr. Karen Shaw Beckerのこちらのコラムを参照しました。

猫の甲状腺機能亢進症もまた、とてもつらい病気です。

診断が下された猫にも、食事療法は有効です。

まだ診断されていない猫は、今から予防を始めましょう。

できるなら、病気になる前に食事の改善を行いましょう。
上の7つのポイントからまずははじめましょう。

猫の健康のための食事の基本にまずは戻りましょう。
こちらのメールセミナーから始めてください。

猫のメールセミナーバナー